どんな治療法なのか

インプラント

年齢を重ねてくるとだんだんと歯も傷んでくるのはとても自然なことでもあり、歯の治療法として箕面市でインプラントが注目されています。インプラントは人工歯根を顎骨に直接埋入し、固定させた上に人口の歯をかぶせる治療法で、歯を失っても再び自分の歯で噛めるというメリットがあります。箕面市でも自分の歯を失った人がインプラントを検討し、手術を受けて再び噛める喜びを手にすることができるようになっています。この治療法は保険の対象外の治療になりますので、全額自己負担が原則になり、費用面でのデメリットがありますが、メリットも多くあります。例えば、歯は人工の白くて美しい歯になるため、笑顔に自信が持てるようになることも大きなメリットです。

メリットがある

治療器具

箕面市でも歯周病などで歯を失ってしまった場合に、補綴治療の選択肢の一つとしてインプラントを検討する人も多くいます。インプラントは、残りの歯に負担をかけずに歯を補うことができる治療法としても注目度が高く、ブリッジなどのように隣の歯に負担をかけずに治療をできます。入れ歯の場合はその葉を固定するために、歯を入れるために金属をかける部分を削るなどの必要がありますが、インプラントはその必要がありません。顎骨の中に直接人口の歯根を埋入するため、その部分だけを治療すれば残りの歯に負担がかかりません。負担がかかった歯は、寿命も短くなりますので、他の歯を守るという点でもこの治療法には大きなメリットがあるのです。他の歯に負担がかかるとその歯もそのうちぐらついて抜け落ちるようになり、一つ一つの歯が次第に失われていくということになってしまうのです。その結果、全入れ歯となるケースが多いため、初期段階でこの治療法を選択することはメリットになります。

顎の骨量が十分必要になる

歯科治療

箕面市でも様々な理由やメリットからインプラント治療を受けたいという人も多くいるのですが、この治療法を受けるためには条件があります。その条件は、顎の骨量が十分にあるということになり、人工歯根を固定するための土台がしっかりとしている必要があるのです。顎の骨量が十分でなければ、人工歯根がうまく固定できずにすぐに抜け落ちてしまったり、顎骨を貫通してしまいとても危険です。そのため、顎の骨量がしっかりあることが前提とされる治療になりますが、現時点で十分ない場合は治療を受けて骨の量を増やすこともできます。したがって、顎の骨量が十分にないからといってすぐに治療をあきらめなければならないわけではないということになります。